肌の内側から保湿できる

コラーゲン

角質層にもしっかりと届く

一般的なコラーゲン配合の化粧品は、肌の角質層まで届くことはありませんが、肌の表面の保湿効果に役立ってくれます。一方、最近人気となっている低分子タイプのコラーゲン美容液は、角質層にまで到達するため、肌の内部まで保湿効果を得られるとあり、人気になっています。角質層にまで到達できる理由は、分子量が極めて小さいためです。肌のバリア機能としても働いている角質層は多くの物質を通さないようにしており、それは美容成分でも例外ではありません。しかし低分子な成分ですと、細胞の隙間を通って角質層をすり抜けることができる仕組みです。肌を表面だけでなく、内側から保湿を行い美肌を実現できるのが低分子のコラーゲン美容液であり、注目を集めています。

分子量のダルトンに注目

どんなに優れた美容成分でも肌の角質層に浸透できないと効果を発揮できません。コラーゲン美容液も同様で、角質層に到達できるかどうかは分子量の大きさが関係しているので、この分子量についての基礎知識を持っておくことが大事です。コラーゲンの分子量は「ダルトン」という単位で表記します。動物性コラーゲンの場合は約30万ダルトンから約40万ダルトンほどの分子量があります。ダルトンは美容液に配合する場合は、単位が小さい方が望ましくなります。なぜなら分子量が小さいほど細胞の隙間も通り抜けやすいためです。例えば美容目的のコラーゲンとして、最も理想的と言われる低分子コラーゲンは5,000ダルトン以下の分子量であり、コラーゲン美容液選びでも、それ以下の分子量のものが配合された製品を選ぶのがベストです。